ドスパラのパソコン Magnate(マグネイト)シリーズについて

ドスパラのパソコン Magnate(マグネイト)シリーズについて

 

ドスパラで人気があるデスクトップパソコンシリーズ。
低価格なのに高性能。このシリーズのなかでも、ミニタワー型は拡張性が高くHDDやグラフィックボードの追加も可能となっており人気が高いです。

 

パソコン初心者から上級者まで幅広く愛されており、仕事用や初めてのパソコンとしてプレゼントする方も多く、汎用性が高いのもこのパソコンの特徴です。
Magnateシリーズは数あるドスパラパソコンの中でも、セール対象になることがおおく、頻繁に割引されているので要チェックです。

 

Magnateシリーズ一覧

※モデル名をクリックすると公式商品ページに飛びます。

 

●コンパクトタワー

Magnate JE Magnate JJ Magnate JM

 

●スリムタワー

 

Slim Magnate IE Slim Magnate IM Slim Magnate IX
Slim Magnate GE Slim Magnate GX  

 

●ミニタワー

Magnate IE Magnate IM Magnate MX 4170
Magnate GE Magnate MX Magnate MS
Magnate XM Magnate MT Magnate XT
Magnate XF Magnate XG  

Magnateシリーズの特徴

 

冒頭でもお伝えしましたが、Magnateシリーズの特徴は、優れたコストパフォーマンスです。

 

価格を最大限まで抑えているにもかかわらず、一定の性能・拡張性を維持し続けている脅威のモデルなんです。

 

さらに、ケースを自社特製のものにしている為、オリジナリティをだしつつ拡張性をキープしています。

 

どれだけ拡張性がある?

 

ミニタワー型ならば、HDDの下にひとつベイが空いていますので、HDD、もしくはSSDが1台増設可能です。

 

さらに、グラフィックボードのところは空きスペースが異常に広いので、高性能グラフィックボードにも搭載可能です。

 

※ハイエンドのグラフィックボードを増設する場合には、消費電力に見合った電源の準備と、本当に入るかどうかのサイズ確認を忘れないようにしましょう。

 

もちろんコンパクト型でもHDD、もしくはSSD1台ならば増設可能で、グラフィックボードもローエンドで消費電力が少なく小さいものなら搭載可能となっています。

 

消費電力が少なく、ローエンドにも対応したグラボはあまり見かけないかもしれませんが、ドスパラが日本で唯一正規代理店販売しているPalitメーカーならばたしか対応するものがあったと思います。

 

ちなみにこれは余談ですが、増設したいのに入るかどうかサイズが不安な場合、店員に相談すると店頭にある実機でサイズ確認をしてくれますよ。
店頭実機のあるドスパラパソコンのみの対応可能です。

↑ページTOPへ

Magnateシリーズでの人気モデルTOP3

Magante IM

 

 

コストパフォーマンス
価格
性能
拡張性
オススメ度
大きさ ミニタワー

190(幅)×420(奥行き)×360(高さ)mm

重さ 約7.8kg

 

ドスパラの販売パソコン全体でも、人気上位に常に入っているMagnate IM。

 

やはり価格・拡張性・性能どれをとっても一番ちょうどいいのがこのモデルです。

 

一部の性能がズバ抜けて特出した特化型ではないですが、なんでもこなす万能型として根強い人気があります。

 

公式サイトの満足度でも常時高評価をだしていることから、店頭在庫も常に用意されています。

 

このモデルならば、大体は店頭でも購入可能ですので、お急ぎの方は一度最寄店舗に問い合わせてもいいかも。
※ない場合もたまにあります。

 

↑ページTOPへ

Magante IE

 

 

コストパフォーマンス
価格
性能
拡張性
オススメ度
大きさ ミニタワー

190(幅)×420(奥行き)×360(高さ)mm

重さ 約7.8kg

 

Magnate IMと同じサイズで、性能・価格を抑えたMagnate IE。

 

CPUをCore i3にすることで、価格を抑えたモデルですが、IMほどの性能も要らない!という人に大人気。

 

お子さんやおじいちゃん、おばあちゃんが初めて使うパソコンとしてプレゼントしたり、ビジネス用にと購入される方が非常に多いです。

 

そういった限定的な用途のパソコンに、Slim Magnateシリーズも人気ではありますが、実は同性能ならばミニタワー型のほうが安いのはここだけの話。

 

注意点としては、このモデルになりますと、マザーボードのランクがIMよりワンランク下がります。
拡張性といった面で大幅に選択肢を失いますので、今後を見据えるのならばIMの購入をオススメします。

 

↑ページTOPへ

Magnate JM

 

 

コストパフォーマンス
価格
性能
拡張性
オススメ度
大きさ コンパクトタワー

140(幅)x317(奥行き)x323(高さ) mm

重さ 約7kg

 

ミニタワーよりふた回り程小さめなコンパクトタワーMagnate JM。

 

見た目は小さいですが性能はMagnate IMとほぼ変わりません。

 

ですが、拡張性が大幅にダウンします。
搭載できる電源が小さく、さらに空きスペースが少ない為、ハイエンドパーツはもちろん、ローエンドのパーツでも増設が難しくなります。

 

さらに、ケース内が密集することにより、排熱性能もミニタワーより圧倒的に劣ります。

 

しかし、場所をとらずかわいらしいこのコンパクトなデザインが、パソコンへの興味が薄い若い女性等にも受け入れられやすく、一定の人気があります。

 

存在感のあるパソコンがいやな方や、場所を極力とりたくない方にはおすすめのモデルです。

 

↑ページTOPへ

このカテゴリの他の記事

Knight(ナイト)

おすすめコンテンツ


ホーム 基礎知識 一般用 ビジネス用 ゲーム用 クリエイター向け 裏技 独占販売品 注意事項