raytrekシリーズ ZBrush動作確認済みモデル一覧

raytrekシリーズ ZBrush動作確認済みモデルについて

ZBrushとは?

ZBrushとは

 

Pixologic社製のデジタルスカルプトソフトウェアで、3Dモデリングなどを得意とします。

 

細かいところまでスカルプティング可能で、非常の人気の高いソフトウェアとなりますが、高性能なPCが必要となる為、中級者〜上級者向けのソフトとなっています。

 

ZBrush 公式サイト

ZBrush動作確認済みモデル一覧

ZBrush動作確認済みモデル紹介

ZBrush ZI

 

 

コストパフォーマンス
価格
性能
拡張性
オススメ度
大きさ タワー

207(幅)×509(奥行き)×440(高さ) mm

重さ 約13kg

 

CPUの処理演算とメインメモリを大量に消費するZBrushに特化したパソコンです。

 

CPUはi7、メインメモリは32GB、さらにSSDとHDDを両方デフォルトで搭載しており、文句なしのハイスペックPCとなっています。

 

もとよりZBrushは、動作に高スペックを要する為、ZBrush ZI以下の性能・サイズでは、動作・冷却ともに不安です。

 

熱によりパソコンが故障してしまうことも、3D編集用のパソコンではよくあることなので、排熱には十分に気をつけましょう。

 

ZBrush MH

 

 

コストパフォーマンス
価格
性能
拡張性
オススメ度
大きさ ミニタワー

190(幅)×420(奥行き)×360(高さ)mm

重さ 約7.8kg

 

3Dのモデリングソフトを使用する際には、CPUやパソコン内部の冷却が非常にシビアになる為、場所と予算に余裕があるならばタワー型のパソコンをオススメします。

 

ミニタワー型で作業ができないわけではないですが、使用方法によってはパソコンの寿命を短くしてしまうこともあります。

 

こちらを購入するのならば、必ずケース内ファンの追加とCPUファンの換装を行いましょう。

 

↑ページTOPへ

おすすめコンテンツ


ホーム 基礎知識 一般用 ビジネス用 ゲーム用 クリエイター向け 裏技 独占販売品 注意事項