raytrekシリーズ コミPo!動作確認済みモデルについて

raytrekシリーズ コミPo!動作確認済みモデルについて

コミPo!とは?

コミPo! は3Dキャラを使ったマンガデザインができるソフトです。

 

最初から用意されている素材を使用することで、自分好みのキャラクターが簡単に作成できます。

 

そのため、絵が描けなくても気軽に漫画が作れるツールとして、ポスターやイラスト付き解説書作成など、幅広い分野で使用されています。

 

体験版もありますので、ぜひ一度お試しください。

 

コミPo! 公式サイト

コミPo!動作確認済みモデル一覧

※モデル名をクリックすると公式商品ページに飛びます。

 

●ノートパソコン

DX11-F3    

 

●ミニパソコン

NUC S3H    

コミPo!動作確認済みモデル人気順

 

raytrek debut! DX11-F3

 

 

コストパフォーマンス
価格
性能
拡張性
オススメ度
大きさ ノート

386(幅)×258(奥行き)×23(高さ) mm

重さ 約2.1kg(バッテリー含む)

 

持ち運びができるノートパソコンはやはり人気が高いです。

 

コミPo!動作に必要な性能はとても軽く、ノートパソコンやミニパソコンでも十分です。

 

しかし、ノートパソコン・ミニパソコンならば、あとあとの拡張が面倒です。

 

購入前にある程度使い方を予測し、最初からSSDのグレードアップなどを行っておきましょう。

 

↑ページTOPへ

 

raytrek debut! NUC S3H

 

 

コストパフォーマンス
価格
性能
拡張性
オススメ度
大きさ ミニパソコン

115.0(幅)×111.0(奥行き)×48.7(高さ)mm

重さ 約690g

 

めちゃくちゃ小さいですが、これでもパソコンです。

 

このサイズですと、拡張性は皆無ですし、排熱も心配ではありますが、持ち運びがすごく簡単にできるメリットがあります。

 

700g以下と下手なノートパソコンよりも軽いので、出張などの出先でデスクトップパソコンを使いたいときに真価を発揮します。

 

さらに、Bluetoothにも対応していますので、キーボード・マウスを無線化しやすいのも魅力的ですね。

 

↑ページTOPへ

↑ページTOPへ

おすすめコンテンツ


ホーム 基礎知識 一般用 ビジネス用 ゲーム用 クリエイター向け 裏技 独占販売品 注意事項